2010年06月20日

クレンジングオイルについて。

市販されている殆どのクレンジングオイルには、界面活性剤が入っています。
クレンジングオイルに入っている界面活性剤というと、肌に悪いという印象をもたれがちですが、クレンジングオイルにも含まれるように、油分と水分を混ざりやすくし、お化粧落しには、なくてはならない成分です。
このような界面活性剤の働きがなければ、油性の汚れを落とすことはできません。

界面とは、異質物質同士が接触した面のことで、例えば、水と油の境目のことです。
クレンジングオイルは油を落とす力が非常に強いので、使いすぎると肌にとって必要な油分までも落としてしまう場合があります。

普通の石鹸は界面活性剤を含まないため、クレンジングオイルほどの効果がありません。
クレンジングオイルを選ぶ際は、界面活性剤が入っていない天然素材でできたものを選びましょう、又は、質の良い界面活性剤が入ったクレンジングオイルを選ぶことをお勧め致します。

クレンジングオイル人気ランキング

万が一、質の悪いものを使ってしまうと、湿疹など肌のトラブルにつながる場合があるので注意してください。
顔後にぬるぬるした感じが残ったりしたら、それは界面活性剤が残っている証拠ですから、しっかり洗い落としましょう。
科学的に合成された界面活性剤というのもあり、これを合成界面活性剤といいますが、肌の表面を壊してしまうという悪影響が報告されています。

界面活性剤は、私達の、生活の身近に使われていますが、大気汚染など重要な課題を残しているのも事実なのです。
このような問題もあるので、クレンジングオイルを使うときは、事前に成分表示を確認しましょう!

ジャムウについてなすが語るブログ
マッサージでバストアップ
バストの悩み

posted by aki at 00:00| Comment(11) | クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。