2010年04月21日

にきびを治したい!

ニキビには、思春期に集中して出来るものと、大人になってからも出来続けるものがあります。
大人ニキビと思春期ニキビは出来る原因が違うため、治し方も変える必要があります。

思春期に出来るニキビ
放っておいても第二次性徴の終了と共に治ります。
お菓子の食べすぎ、お酒の飲みすぎ、食生活の乱れや睡眠不足で出来る一過性のニキビの場合も、生活環境を見直せばすぐに出来なります。

大人ニキビ
放っておいたら治りません。
大人ニキビは、繰り返し出来てしまう為、新く発症して来るニキビを止めなければ、いつまでたってもトラブルから抜け出せません。
大人ニキビは、抗生物質などの薬や化粧品などのスキンケア、エステやピーリング、レーザー治療などで、その時に出来ているものだけを治しても、体の内側にある皮膚にトラブルを起こす原因がそのままだと、またすぐに新しくニキビが出来るため、色素沈着状の跡や凸凹クレーター状の痕も次々残ってしまいます。
頑固な大人のニキビは、体の状態が人体最大の臓器である皮膚の働きを低下させ、出来るべくして出来ている場合が多いです。体の状態を整え、皮膚の状態も整えていくと自然にニキビが出来なくなってきます。

ニキビのケア!洗顔・化粧品教えます!

皮膚におきるトラブルは、基本的に、体の中の状態が皮膚の働きを低下させてしまった結果起きる場合が多いです。体の中からニキビを治していきましょう。

ミラクル☆バストアップ
美肌の秘訣+.゜
バストアップするには?







posted by aki at 13:14| Comment(5) | ニキビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

乳首の黒ずみ治したい。

乳首の黒ずみ治したいですよね〜

性体験が豊富だと、乳首の色が黒くなると言われていますが、それは都市伝説的なものです。

性体験が豊富な女性でも綺麗なピンク色の乳首の持ち主はいますし、性体験が少ない人が、黒いということもあります。

「乳首が黒っぽいので、処女じゃないと疑われた」という話も聞きますが、それはまったくの濡れ衣です。

男性もそのぐらいわかって欲しいものです。

基本的に肌の色は生まれつきの要素が大きいので、その人本来の乳首の色というのがあります。

ピンク色の人、小麦色、カカオ色、ブドウ色など、それぞれ個性が乳首にもあります。
しかし、その本来の色が黒くなることがあるのです。

年齢による色素沈着等もありますが、一番変化するのは妊娠したときに黒ずみが発生します。

妊娠をすると乳首が濃くなるのは、授乳に備えて肌を保護する為なので、普通のことなのです。

妊娠や出産によって、色素沈着が進み、黒褐色調になり、大きさも増します。そのため、出産を経験すると乳首が黒くなるのです。

妊娠や出産で黒ずんだ乳首を、元々のその人本来の色にもう戻せないかというと…戻せます!黒ずんだ乳首は簡単に薄くすることができます!

乳首の黒ずみ解決方法

乳首の色を元の色に戻すには、塗りクリームやジェルが1番効果的でしょう。

美容外科でも塗り薬を処方する方法もあるそうです。
塗りクリームで、実際にピンクに戻った方は何人もいらっしゃるようです。

また、他にもいくつか気をつける事も出来ます。

たとえば、キツイ下着で擦りつけない・乾燥させない・ビタミンCを十分に摂取するなどですね。

アットバストアップ
バストアップに効く食べ物
胸を大きくするには
posted by aki at 15:35| Comment(20) | 黒ずみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

膝と肘の黒ずみ解消♪

皆さんは、ひじ・ひざ・かかとのカサカサや黒ずみのお手入れしていますか?
素敵な洋服を着て、完ぺきなメイクをしても、
ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサで黒ずんでいたんじゃ、彼の百年の恋も冷めます。

黒ずみ対策サイト

角質が硬くなりやすいかかとやひじ、ひざ。
自分ではあまり目につかない部分ですが、人からはよく見えるものです。
角質が硬くなるだけでなく、カサカサ・ガサガサになり、黒ずんできます。
ひどい人はかかとがひび割れてくることもあるでしょう。
普段からしっかりケアをして、いつどこで見られても恥ずかしくないようにしておきたいものです。
ひじ・ひざの「ガサガサ」、かかとの「ガチガチ」の原因は「角質」です。皮膚は、ひじやひざをつく、靴との摩擦といった外からの刺激から自分を守ろうと厚い角質を作ります。さらに冬は乾燥するため、角質から水分が失われるため硬くなるのです。
そして、カサカサの黒ずんだひじ・ひざになっていくのです。
外からの刺激によって角質は硬くなります。たとえば、ひじを机につくクセがある人はそれをやめる。ひざをなるべく畳や床につけないようにする。硬い革靴でなく、かかとをソフトに包む靴を履くなど。毎日の心がけでも全然違います。
そして、乾燥を防ぐ為に常にひじ・ひざ、かかとを潤わせてあげることが最も大事なのです。


気になる臭い
バストサイズアップのススメ
チチ・グランデ


posted by aki at 18:03| Comment(0) | 黒ずみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。